由来と選び方

marriage ring factory

結婚指輪の由来と選び方

結婚指輪とは結婚式で愛を誓い、お互いの左手の薬指にはめる指輪のことです。
左手の薬指に指輪をするようになった理由は古代ギリシャ時代にまで遡ります。
その頃は人の心は心臓にあると考えられていました。
ギリシャ神話の中に左手の薬指には心臓につながる太い血管があると言われていたことと、当時の解剖学の文献でも同じように信じられていました。
また指輪の形状は途切れることのない円形になっているため愛と輪廻の象徴ともされており、二人の愛が永遠に結ばれるという誓いをこめて指輪を左手の薬指にはめるようになったと言われています。
結婚指輪の内側には相手へのメッセージや記念日、名前などを刻印することもできます。
また誕生石を内側に入れることもあります。
また結婚指輪の平均ですが夫10万くらいに対し、妻は13万円ほど。
これは男性の指輪のほとんどに宝石をつけないのに対し、女性はダイヤモンドやサファイアなどの宝石を入れるデザインをつけるためです。
使用する金属はプラチナ、ピンクゴールド、イエローゴールド、プラチナゴールドなど種類があります。
一生大切にするものなので二人でよく探してお気に入りのデザイン、素材のものを見つけてみましょう。

結婚指輪をどうやって選ぶか

自分の指の長さによって結婚指輪を選ぶと、ぴったりなタイプを見つけることができます。
毎日身に付ける結婚指輪なので手が綺麗に見えることは大切です。
そのため、自分の指の形や似合うデザインを知っておきましょう。
指が短いと感じていたり、間接が太いことがコンプレックスだと思っている方も指輪と指のバランスを考えることで、良く見せることができます。
デザインやボリュームを意識してみましょう。
まず短くて太い指だと思っている方におすすめなのがV字タイプです。
縦ラインが強調されることで指が長く見えます。
また、指輪の真ん中に石を置くことで、太さが2分されるので細くみせることが可能です。
次に短く細めだという方はS時のデザインを選ぶことで、指を長く見せることができます。
太くて長めだという方は、ボリュームがあるタイプなど個性的な指輪を付けても似合います。
堀り加工をしてあるものや、幅が広い横のラインが強調されたタイプもバランスよく着用できます。
この他、色白の方は上品で細めのタイプがおすすめで、色黒の方はボリュームがある柄が入った指輪がぴったりです。
自分の指のタイプを調べて、いろいろなデザインの結婚指輪を試してみましょう。

recommend

fxセミナー 大阪
http://fied.jp/
四日市 美容院
http://lovest.frace.jp/
探偵 札幌
http://2525tantei.com/
不用品回収 春日市
http://anny-recycle.com/
水素水 効能
http://www.aquelasuiso.com/
Web 集客
http://exwill.jp/lp/web_syukyaku/
ハウスクリーニング 北区
http://www.osouji-lab.com/

最終更新日:2016/8/5



Copyright (C)2009 marriage ring factory. All Right Reserved.